Origin

御由緒

「 人皇第五十六代清和天皇の御宇、
貞観(じょうがん)六年(八六四年)五月に富士山大噴火の
火の事あり、富士山北面に在った大湖、
剗ノ海(現:青木ヶ原流域)埋没す。
この様な大噴火の為、時の住民は甚大な被害を被く。
此の事、甲斐の国司、橘ノ末茂公より朝廷に奏上、翌貞観七年
十二月月九日丙辰の勅命により、富士山の神、浅間明神を
弧の地に奉斎、擬の大領-無位伴直真貞公を祝に、同郡の人伴
秋吉公を禰宜に任じ、富士山噴火の鎮祭を行う。」

これ当神社の御創祀である。
延喜の制により名神大社に列せられる。

平成二十五年六月二十六日、
富士山世界遺産の構成資産となる。(国指定史跡)

浅間神社は富士山をご神体として、小高い丘の上から霊峰・富士を遥拝する信仰から生まれました。古くは「浅間」を「せんげん」ではなく、「あさま」と読んだことに由来します。
富士と人との係りは、遙拝、修験、登拝と続きます。
当神社は、遙拝、修験、登拝を有する唯一の神社です。

遥拝

富士は怖ろしく美しい山で、人は遥か彼方より
仰ぎみる神の山でした。

当神社 遙拝所

修験

仏教と神道に強い影響を受けた修験者が修行する山
母の白滝、父の白滝は現在も修験道の行者が禊、滝行を行っています。
白滝 修験場

登拝

里宮(浅間神社)―山宮―奥宮(白滝神社)繋ぐ、浅間・白滝さくらラインは、景色は素晴らしく宗教的な雰囲気もあるミニ富士登山をあじわえます。

当神社へのご希望・ご質問がある方は、
お気軽にご連絡ください。

TEL 0555-76-7186